人に見られたら恥ずかしいブログ

人に見られたら恥ずかしいブログです

学歴と民族

 今回はちょっと脱線します。前回の続きで③とやるつもりだったのですが、②を書いた後にちょっとこっちを書いてみたくなりました。

f:id:monaston:20170311140813j:plain

 桜にも格というものがあるそうです。どんなルーツを持つか、どこに生えているか、どんな逸話があるかという、本来の花の美しさとは関係のないところに価値を見出そうとする人がいます。そもそもで言ってしまえば植物にとっては花の美しさはあくまで実をつけるためにしかたなく磨くものであって、これは手段であるわけです。花を嗜む人間の中に、果たして手段と目的の倒錯をきちんと理解している人がいるのか、という話を友人としたのですが、友人曰く「その背徳感を楽しんでるのでは」ということだそうで、ますます全国の花屋さんに真相を伺って回りたくなりました。

 どうしてこんな話になったのかというと、その友人も第一志望には受からなかったのですが、駄目だったから浪人したいと親に訴えたら「大学で何を学ぶかが大事だろう、お前はブランド意識で動いているのか」と言われたそうです。正直、大学選びでブランドを意識しない高校生なんていないと思うんですが、私は少なくとも「Fランの癖に」「ニッコマンの癖に」「宮廷落ちの雑魚がイキんな」というような「煽り」をネットリアル問わずあちこちで見てきたので、将来誰かと言い合いになったときに攻撃材料として学歴を持ち出されることのないように、安直な学校は受けなかったわけです。その結果がこうなのでなんとも言えないですが、生涯賃金が少し減ったところでその分不快な思いをしないで済むのなら、お金の許す限り再挑戦し続けざるを得ないと思います。

 

 学歴はある種の身内意識を作ると思います。中央では東大閥一橋閥などと呼称があるように、丸紅に入るには慶應でなければいけないだの、信憑性はともかくとして、就職の有利不利に大きく関わる「暗黙のルール」があるようです。学歴ナショナリズムとでも言いましょうか、同じ大学、同じレベルの人間を囲いたがる節があるように感じます。MARCHという大学の括りがありますが、本来予備校などが難易度を括るためにはじめた呼び方であるのに「あの人はマーチレベルの人間だ」という具合に、その人の優劣を決める指標として扱われることもあるでしょう。

 桜の話ではないですが、人間として優れているかどうかといったナイーブな話では学歴が先行しがちです。その人個人の出来不出来を測るために属性を見られますが、より大きなウェイトを占めるものがこれだと思います。こういう意識が更に尖鋭としているのが、今の韓国だと思います。

 韓国人じゃなくて本当によかったとはこの頃強く思うものですが、当然これは「韓国の教育制度に組み込まれていなくてよかった」という意味です。韓国を否定する気はありませんし、同様に日本を肯定しているわけでもありません。

 しかし学歴は一応、学生当時どれくらい勉強が出来たかを測るバロメーターとしての意味はあるわけです。ところが同じような感覚で「あいつは何人だから程度が低い」といった具合にのたまう輩がいます。僕に言わせれば、国籍で頭の良し悪しを判断することほど愚かなことはありません。大昔に白人が黒人は馬鹿だと言っていたのと同じくらい馬鹿らしい。僕が政治家の中で尊敬しているセレツェ・カーマは黒人です。言っちゃアレですが、当時のローデシアの白人為政者よりよっぽど出来た人です。

 

 韓国に限らず、黒人や中東人を未開の人だと馬鹿にする人が時々ネットにいますが、本気でそう思っている人はきっと実際にその人と会って話したことがないんだと思います。

 白人でもどうしようもない人はいますし、黒人でも秀才はいます。一昔前のようなあからさまな差別意識の具現は現実ではあまり見られなくなりましたが、どういうわけだか白人から見たら劣っている黄色人種をして、黒人に対して悪感情を持っている人がいるのですから驚きです。

 何をどうしたらそんな邪心が吹き飛んでくれるのか分かりかねますが、どうか世界中の人たちが、民族だとかどうしようもないことでヒエラルキーを決定せず、同じ「人間」という括りで地球を見渡せるようになってほしいと願うばかりです。そして真っ先に、日本人の中でこのような馬鹿げた思想を信奉している人が一刻も消え去るように願っています。○○人を殺せ! 追い出せ! などと勇ましくヘイトを振りまく連中が「黄色人種は程度が低い」という意識を海外の人に植え付けかねないからです。

センター試験とデモについて②

 前回お伝えしたとおり、別に保存していた下書き約6000文字がパーになりまして、ちょっとありえないくらいショックで不貞寝してたんですけど、それで書いたことを忘れるほうが悲惨なので頑張って書いてしまおうと思います。

f:id:monaston:20170310104349j:plain

 散った桜が地面いっぱいに広がるのもまた綺麗ですが、やはりそれは桜の季節の終わりを感じさせるもので、上を見上げれば散った分だけ寂しくなった枝枝が日光を隠そうともしなくなっていて、哀愁と表現していいのか分かりませんが、受験へ向けて一抹の焦りを覚えました。

 これが一抹じゃなくて一層だったらどうなっていたか分かりませんが、なんてifを書くのも情けないのでこの辺でやめておくことにします。

 僕に桜は咲きませんでした。自身の不甲斐なさを責めるだけです。受験は不甲斐ないことの連続でした。親に迷惑をかけました。目の前で10万円を超える額がゴッソリと溶けていきました。

 センター直前に余程焦っていたのか

こんなしょーもないツイートをしていましたが

僕だけでもなさそうだったのでここは総括しないことにします。

 

 そろそろ僕が昨日書いたことを思い出していこうと思います。

 時雨沢恵一先生の著書「キノの旅」の八巻に「想いは正しく伝わらない」という一文が出てきます。どういう背景でこれが出てきたのか思い出せないのですが、読んだ当時に人間関係で躓いていたのもあってとても印象に残っています。

 この時もそんなことを考えていました。

 僕はデモの趣旨そのものには反対していませんでしたし、むしろ賛成側のスタンスでした。ここを書くために四時間かけてフイにした訳ですが、例え文章が消えてしまおうとも伝えたいことも僕の立場も変わらないわけであります。

 僕の思想を長々と開帳すると人格攻撃マンが飛んできそうなので掻い摘んで説明しますが、基本的に僕は、差別や迫害への拒否感、嫌悪感で動いています。それは自分が性的少数だということもありますが、根底には幼少期の経験があります。

 僕が生まれ育った土地柄、様々な人がいました。保育園から既に中東出身の友人がおり、小学校にあがると更に全体の1/10は在日ないし在日の子だったと記憶しています。

 僕の古くからの友人で、在日韓国人三世の男がいます。とてもいい人で、離れた今でも時々skypeをします。僕がいじめられた時に離れていかなかった数少ない友人でもあります。彼はステレオタイプな日本人顔にとても近く、クラス中で「この中に一人半島人がいるので当ててください」と言われても絶対分からないくらいには馴染んでいました。そもそも肌の色がガッツリ違う人が何人もいる中で、韓国人ということは比較的重要ではなく、むしろ親の出が愛知だの山形だの韓国だのといった調子で、感覚的には都道府県の一部のように扱われていました。寛容だったというよりは、誰もそんなことは意識していなかったのだと思います。

 信仰上の理由から給食が必ず別メニュー、容姿が違えば服装も違うしなんだか体臭も独特、という「目立つ奴」ですら自然に溶け込んでいるような、多様性ど真ん中の環境で育ってきました。ちょうどその頃にDTMを覚えたり最初のブログを開設したりしましたが、ネットに触れて情報を集めるに及んで、様々な個人ブログを渡り歩いたわけですが、その中に必ずといっていいほど「まとめブログ」なるものがありました。

 要するに、某匿名掲示板の書き込みを整理して並べたサイトです。

 今となっては僕はこれが大嫌いで憎んでさえいるのですが、当時は若く他にやり方を知らなかったわけで、というかどういうSEOをしているのかまるで分かりませんが、検索結果の順位では探している情報に合致するサイトよりも上に大抵なんらかのまとめブログが出ていたわけで、必然と目に付いたわけです。

 そしてそうとも知らずに開くと、決まってアンテナ欄?に、韓国や中国を貶めるようなまとめが紹介されていました。

 何回か開いたことがあります。そしていつもショックを受けました。口汚い言葉の数々で「特定アジア」の人を貶め罵っていました。とても稚拙で取るに足らない記事でしたし、こんなものどこに需要があるんだと本気で思っていました。

 まず、民族や国籍で括って攻撃対象とすることに物凄く違和感がありました。自分の中ではずっと「好きな食べ物は何」くらいの感覚だったので、してもきのこたけのこ論争くらいのプロレスだろうと思っていたのですが、どうやら日中韓両国のヘイトデモを見ていると、やはり救いはないようです。

 それこそ地球規模で見れば差異なんてほとんどない我々が、歴史認識の違いなんていうしょうもないことで憎しみあっているのは悲劇以外の何者でもないですし、多分先導して煽動している活動家をThe DNA Journeyに参加させたら先祖の数パーセントは敵国のものと出るはずです。何より僕と親しい友人が、恐らく謂れのないであろう差別・攻撃・迫害の対象とされていることに幼いながらも憤りを覚えました。

 

 ここまでで僕が民族差別が嫌いだということを長々と書いてきましたが、あと僕がどういう属性を持っているかは

こう書いた通りです。改めて書くことでもないので割愛しますが、僕は当時も今でも安倍政権を好意的に取っていませんし、野党共闘で何か変わってくれるなら、という思いで、彼らなら僕のようなものの意見を汲んでくれるのでは、と淡い期待を寄せていました。

 この時までは。

センター試験とデモについて①

f:id:monaston:20170309230121j:plain

 お墓に肖像権や意匠権があるかどうかは僕は存じ上げませんが、去年の春に西日暮里に上掲の写真を撮影に行った時は、あくまで主被写体は「桜」だったわけで、要はお墓は背景なわけです。そう言い張れば大丈夫かなァ・・・いやどうだろ・・・と思いながらコンテストに出すとき没にしたのですが、改めて見ると桜はもう散って葉が出てるし、明暗にムラがありすぎてるしで酷い出来なので、人目につくところに置いて「供養」としたいと思います。

 フォトショップ? そんなもん買ってるお金ないから国立大目指してたんでしょ。

 

 というわけでセンター試験とデモについてです。下書きの時点で①と振ってますが、分割しないかもしれません。まあそうしたらここは削るんですけどね。

 さて、先々月の14日15日と二日間に渡って、悪名高いと自分の中で評判のセンター試験が実施されました。このブログのひとつめのエントリにも書きましたが、結果的に第一志望どころか第三までズッこけて、センター利用も取れないという、絵に描いたような落第劇を見せて親族中から不興を買ったわけなんですが、河合の模試がガバだとか八つ当たりする期間も終わって、冷静に来年の受験を考えなければいけない時期を迎えました。

 合格者の受験番号が霞んで見えたのは血の気が引きすぎたからでありましょうか、すぐ横で何某に胴上げされる何某を見て、嘘でも胴上げされてやろうかとも考えましたが、その様子を撮影していたカメラマンを見て一瞬で踵を反しました。

 

 受けた証拠に問題の写真を晒そうかとも思いましたが、どうせ家族か友人から借り受けたんだろうと言われたらどうしようもないのでやめました。しかし僕がセンター試験を受けたことは事実で、終わった後に友人と「君の名はだと思ったら夢オチだった」と話をしたこともハッキリと覚えています。

 相反するイデオロギーを持つことになる人同士が、同じ部屋で数時間に渡って同じ試験を受ける、そう書いたらなんだか面白そうですが、一般入試も自動車免許の講習もそんなだろうと思ったら途端にありがたみが喪失しました。

 

 強引に展開させようと思いましたが無理ですね。おとなしく本題に入ります。

 こんな時期にツイッターしてるようなのは受からない、という指摘を頂いたのはいつの頃か、というか余りにも沢山頂いたので、明確にいつというのは調べるのが面倒なのですが、面倒になるくらいお叱りのメッセージを受けた受験生というのも、ある意味貴重な存在で、まあそれが僕なんですけど・・・

 こーんなツイートしなければなんにもなかったんですが

 後悔先に立ちませんでした。

 

以下、下書き6000文字を全損しました。思い出しながら書きなおしていますが、誠に勝手ながら記事を分割させていただきます。次回更新は明日の6時を予定しています。

B氏(M氏)への謝罪

 本当に申し訳ありませんでした。

 ずっと、すぐにでもお伝えしたかったのですが、事を見ていた方から「受験が終わるまで来るな」と言われたので黙っていました。ROM専に徹すると書きましたが途中で魔が差して書き込んでしまったことも謝罪しなければいけません。あれ以降当該アカウントには本記事執筆時点で触れていません。

 経緯は一本目の記事に書いた通りです。あまり表沙汰にするようなことではないので詳説詳解は差し控えますが、原因は100%私であり、言い逃れの余地はないと思っています。

 受験期にウダウダとツイッターに興じ、勝手に不安定になって人に当たったことは猛省して然るべきでしょう。

 本件においてズルズルと許しを請い続けるつもりはありません。もうFFを解かれていましたし、このエントリーが本人の目に触れるかどうかも分かりません。ですがもし読んでくださったのなら、私に機会を与えてください。あの時は本当にどうかしていました。私はあなたの音楽に関する知見や経験、何より音楽へ真摯に向き合う姿勢を本当に尊敬しています。目指すところのひとつです。本当です。あなたが音楽に対する自負やプライドを持っていることを知っています。それはきっと私の考えの及びもしないほど深く素晴らしいものでしょう。語気が強くなることも当然です。考えが至らずに額面通りに受け取り逆上した私に全責任があります。

 分かった気になっているだけかもしれませんし、そう思われたらそうでしょうと言う他ありません。あなたがアイコンも見たくないと仰るのなら甘んじてブロックされましょう。私は決してあなたを忌み嫌ってなんかいませんし、恨んだり憎んだりするようなことはありません。これだけはどうしてもお伝えしたかった。

 不肖の身ながら筆を執ったことを何卒お許しください。改めて、深くお詫び申し上げます。この度は申し訳ありませんでした。

人に見られたら恥ずかしいブログ

 古今東西あらゆるブログサービスをあまねく使ってきた、というのは言いすぎですが、一般市民が思いつくサービスは一通り名義をかわるがわる変えながら渡り歩いてきたと思います。そして名義を変えているのにも関わらず、知り合いのブロガーから「お前って○○だよな」と声をかけられることも段々増えてきて、世の中は狭いなあとつくづく思う僕です。

 つまりこんな風に書いている時点で、多分僕の思い至らない「癖」を、文章中に散りばめている危険性があるわけです。だから他所での知り合いから正体を見抜かれるのも時間の問題で、そうなると名義を変える意味がなくなってしまうのでどうしたものかと思っています。

 申し遅れましたが、僕はmonastonといいます。モン=アストンでもモナストンでも那須田でも浅田でも増田でもお好きなようにお呼びください。サイバー空間でも現実でも名義は一定ではありません。今現在某140文字制限SNSで名乗っている名義が一番本名に近いですが、二文字カスってるだけで全然違いますし、また近日中に弄ると思います。

 一本目なので多少力んでますが、どうせちょっとしたら更新が隔日になって隔週になって、そのうち存在も忘れて廃墟になることは分かっているので、力を入れてもしょうがないと書きながら考えています。ついでに膝も揺すっています。

 

 はてなに作り直したことに特に理由はありません。

 そもそも僕が初めて触ったブログサービスがはてなで、数年ぶりに帰ってきたので(増田は使っていますが)厳密にはお初ではない上に副垢規約がないかどうかヒヤヒヤしてるのですが、僕が使っていた若かりし頃に比べて随分と白っぽいデザインになり、ここから色々弄れるのかなあと漠然と期待を寄せているわけであります。

 数年ぶりに訪れたサイトが色々変わっているのを見ると、なんだか寂しいような嬉しいような、感慨深い気分になります。そんなことを偉そうに垂れるほど大層なキャリアを歩んではいませんが、素人同然の僕がこんな気分になるのですから、きっと色々なことがあったのだろうと推察します。

 

 ブログを新調したこと自体にはふたつ理由があります。

 ひとつは僕が今現実でおかれている立場についてです。

 恥ずかしいことですが、この度受験に失敗し、浪人することと相成りました。

 浪人生がブログなんかやってる場合じゃないだろ! いい加減にしろ! とのお叱りを頂くのが見える見えるって感じですけど、割と過去にないくらい神妙に画面に向き合っています。

 四年位前からツイッターを使っていて、大分ブログに触る頻度が減りました。何より手軽であり、一拍置いて考える必要がないので、重宝もとい依存した生活をしていました。

 ツイッターで所感を表明することをツイートといいますが、そこに至るまでのプロセスに邪魔になるようなこと、立ち止まらせる工程がレイアウトからなるたけ排除されています。まさに感じたことを素早く書き出せるのですから、物書きモドキにとってこんなに嬉しいことはありません。そしてそこで嬉しくなってしまうことが、物書きモドキたる所以でもあります。

 時にツイッターは馬鹿発見器だと言われています。感じたことをそのまま書き出せるということはつまり、文面から感情を排除する工程がすっ飛ばせるわけです。一旦立ち止まって、読んだ人がどんな気持ちになるかを考える作業が「任意」であるわけです。年を追うごとにあらゆるサービスが出ては消え、洗練されてゆくほどにその傾向が顕著になってきました。ツイッターはその終着点のひとつだと思います。

 感情の垂れ流しは自制を利かせないと無限に続きます。受験も佳境に差し掛かったとき、あろうことかそのストレスから、複数のアカウントに渡って乱雑に感情を振りまきつづけ、そのうちのひとつにおいて特定人物に対し明らかに不快感を与えるような投稿をしました。

 今思うと、どうしてそんなことをしたのか自分でも分かりません。何をしたかも今となっては全貌を思い出せませんが、明らかに冷静さを欠いていた僕は、指摘に逆上し、モノに当たり、母に暴言を吐き、勉強を放り投げてDTMを弄りつづけました。母にブレーカーを落とされ、バックアップを取っていなかった自分にキレて、作った曲を思い出しながらもう一度打ち込んでいくうちにやっと頭が冷えてきて、放心状態のまま風呂に入り、浴室を出るときになってやっと涙が出ました。

 想像してみてください。深夜ウン時です。どうみてもおかしい人です。

 実際正気ではありませんでした。大分メンタルをやられていました。ツイッターは数少ない「逃げ道」でしたから、そこを絶たれていよいよおかしくなっていました。浴室でひとしきり泣いたあとは虚脱感のあまり倒れるようにして床につきました。比喩でもなんでもありません。本当にもうダメだと思いました。

 そんなわけでひとつめの理由は、感情の制御を掌握するためです。できるだけ垂れ流さずにキチッとノブを捻る習慣をつけたいと思っています。感情や行動記録を雑多に積み上げるのではなく、一日単位で振り返って管理できるようにならないと、自分をきちんと管理していることにならないと思います。部屋の片付けのようなものです。なんだか偉そうに書いてますが、これができなかったことも敗因のひとつだと思っています。

 

 そしてもうひとつの理由は、人に説明・弁明・謝罪をする場が欲しかったからです。

 また情けない話ですが、僕は記憶力がとても悪いです。生活する上であまりにも違和感を感じる機会が多いので、昨年から断続的に検査をしています。診断が出るのはGW~盆くらいだと聞いています。

 すこし飛びますが、僕は昔からいじられやすい体質で、施設を経て現在はカウンセリングに通っています。もう10年くらいになります。環境を強引に変えたことで大分改善しましたが、今後も同じような目に遭いたくはないので、自分の中で原因になりうる要素をできるだけ排すべく相談に乗ってもらっています。

 担当カウンセラーのHさん曰く、自分を管理するためには「自己理解」というものが大事で、つまり自分の癖や特徴をきちんと把握することによって、それに起因するトラブルを回避ないしコントロールすることが肝要だそうです。

 畢竟するに、僕には自分の行動や思考をきちんと整理して出力する場がないといけない訳です。インターネット上にオープンにするこたないと思いはしますが、誰かに見られることを意識して書かないと「がんばらない」タチなので、軌道に乗るまではここに統合しておこうと思います。

 そして乱雑に垂れ流していた時にしてしまった事を分析して、原因を解明しなければまた同じことをすると思います。今現在謝罪したい人がいて、次のエントリできちんと謝罪文を掲出するつもりで準備しています。(当初この目的ありきで準備をしていました)またこれから謝るべきことを自分がするかも分かりません。表へ出ろ、という文句がありますが、その「表」を、ここに作りたいと思っています。

 

 長くなりましたが、要約すると

  1. 克己する
  2. 自分に向き合う
  3. 謝罪や意思表明の場を持つ

の三点が大まかな開設理由です。増えてる上に、なんだか1と2は同じようなことに見えますが、多分違うことだと思うのでそういうことにしておきます。初っ端から色々書きましたが、頭でっかちにならないように、きちんと実のある投稿を心がけようと思います。

 

 何卒宜しくお願いします。